デリケートゾーンから臭い!?病気だと疑う前に

デリケートゾーンの臭いは病気のサインかもしれない

デリケートゾーンから臭いがするからといって、真っ先に重大な病気になっているとは考えなくても大丈夫なのですが、しかし婦人系の病気になっている可能性も否定できないので、普段から気をつけるようにしてください。特に、いつもより急におりものが増えてしまったり色が変わってしまったり、または臭いが急に強くなってしまったりしたら病気の可能性が高いと言えます。例えば、子宮頸がんや淋病、細菌性膣炎などの病気になってしまうとおりものが黄色や緑色に変化してしまうことがあります。さらに、カンジダ膣炎という病気になるとおりものががチーズのように変化してしまうので、おりものの変化にも注意をしておく必要があります。また、デリケートゾーンが病気になってしまうと、臭いだけでなくかゆみや赤みも伴ってしまいますので、注意が必要です。デリケートゾーンが病気になってしまう原因はたくさんありますが、例えば膣の洗いすぎによって臭いがきつくなってしまうことがあります。一見良さそうな行為に見えるのですが、実は洗いすぎというのは皮膚にとってマイナスにしかならず、やがては病気になってしまうのでくれぐれも洗いすぎには注意しましょう。

デリケートゾーンの臭いは病気?原因は何?

デリケートゾーンの臭いは病気のサインである可能性もありますが、それ以外であればずばり雑菌が原因になることが多々あります。例えば、雑菌が繁殖することでとても強い臭いが発生することがあるのですが、雑菌の種類によって発生する臭いも様々です。雑菌の栄養となるのは、生理中の経血、おりもの、汗、恥垢などです。これらの物質が雑菌の餌になって繁殖の原因になってしまいますので、普段から清潔にしておく必要があるということです。尿や恥垢というのは気をつければ軽減できることですが、汗やおりもの、経血などはそうもいきません。したがって、例えば汗をかいたらミストタイプのスプレーを使用したり、通気性のよいおりものシートなどを使用したりすることで負担を軽減することができます。デリケートゾーンというのは、どうしても高温多湿の環境になってしまうのでいかに雑菌に対して栄養を与えないのかということを考えないといけません。つまり、普段からケアしないと臭いが発生してしまうということです。最初は病気でないかもしれませんが、臭いが発生するということは雑菌が繁殖しているということなので、やがては病気になる可能性も否定できません。

デリケートゾーンの臭いや病気の予防方法について

デリケートゾーンの臭いを対策や病気を予防するときには、基本的には清潔に保つことが大事です。そのため、まずはお風呂でしっかりとデリケートゾーンを洗うようにしてください。ただ、デリケートゾーンというのは顔の皮膚よりもずっと薄いので刺激を受けやすい場所です。したがって、身体を洗うときのようにタオルを使ってこすってしまうとそこから刺激を受けて黒ずみなどができてしまうことがあります。また、恥垢はなかなか落ちにくいので、シャワーをかけたくらいでは落ちることがありません。入念に溜まった恥垢を落とすことが大事です。さらに、市販のシャンプーやボディソープを使用するのではなくて、きちんと専用の石鹸やジェルなどを使用するといいでしょう。また、特に夏場は下着を毎日変えて素材も綿やシルクなど通気性の良いものにすることが大事です。つまり、高温多湿になりにくいようにすることが、臭いや病気を予防するためには最適の方法だということです。毎日ケアすることで確実に病気の予防ができるので、常に清潔にすることを心がけましょう。また、神経質になってしまうと逆効果なるので気をつけてください。

イカ臭いデリケートゾーンは何が原因なのか解説します

デリケートゾーンがイカ臭いのはきちんとした原因がある

デリケートゾーンがイカ臭いと思ったことはありませんか?それはたまたまではなくて、きちんとした原因があります。そもそもデリケートゾーンは元から臭いはしませんので、何かしらの臭いがするということは異変が起きているということです。例えば、女性であればおりものが排出されることがありますが、おりもの自体は本来無臭なのですがそれがイカ臭いとなると何か原因があります。例えば、生理中であればおりものがイカ臭いことはあります。なぜなら、おりものに血が混じってしまうことがあるからです。また、お風呂に入るときにゴシゴシ洗ってしまうとデリケートゾーンが乾燥してしまうので、雑菌が繁殖してしまいイカ臭いと感じることがあります。特に市販のボディソープや石鹸は刺激が強いので、皮膚をガードするための善玉菌まで殺菌してしまうので、臭いを発生する悪玉菌の繁殖がしやすくなります。身体を洗うときには、しっかりと専用の石鹸などを使って肌に潤いを与えるようにしてください。つまり、普段の行いによってデリケートゾーンがイカ臭くなってしまうので、それを予防するためには専用の石鹸を使ったりすることが大事だということです。

汗でイカ臭いデリケートゾーンになることもある

デリケートゾーンがイカ臭いと感じるときというのは、汗をかいているときではないでしょうか。実は人によっては、汗をかくときにデリケートゾーンがイカ臭いと感じることがあります。汗自体は無臭なのですが、実は皮膚には常在菌があるので、常在菌が汗を分解してそのときにイカ臭いと感じることがあります。特にデリケートゾーンというのは密閉空間になっているので汗をかきやすくさらに尿やおりものなど雑菌が繁殖しやすい環境なので、時間が経過するごとにどんどん臭いがきつくなってきます。これはデリケートゾーンだけに限ったことではないのですが、基本的に身体のどの部位であっても同じようなことが言えます。洋服の部分や靴下などであれば時間をかければ臭いも増してきますが、それと同じことがデリケートゾーンにも起きているということです。また、女性であれば生理中はおりものの臭いも混じってしまうのでよりイカ臭さがアップしてしまいます。デリケートゾーンは普段から気をつけておかなおいと臭いがすぐに発生してしまいますので、気をつけるようにしてください。どうしても臭いが取れない場合は、クリニックに通って根本的に解決することが必要になります。クリニックであれば女医が担当することが多いので、デリケートゾーンの悩みであっても気軽に相談することができます。

イカ臭いデリケートゾーンにしないためのアイテムを使おう

イカ臭いデリケートゾーンにしないためには、どのようなアイテムにすればいいのでしょうか。イカ臭いデリケートゾーンであれば、通常の固定石鹸ではなくて、ジャムウ系の石鹸を使うことがお勧めです。ジャムウ系の石鹸とは、天然成分が配合されている肌に優しい石鹸のことです。ドラッグストアにも売っているのですが、通常の石鹸と比べて肌に対する負担が段違いです。石鹸の他にも泡タイプの石鹸やジェル系オイル系のものがありますので、自分の使いやすいものを使用するといいでしょう。また、ただ汚れを落とすだけでなく、殺菌や抗菌効果のある石鹸を使用することで、皮膚の常在菌の増殖を防ぐことができるので、成分によってはイカ臭さを元から解消してくれます。デリケートゾーンの臭いを根本的に解消するためには、入浴時にきちんとケアすることが必須です。もしもまだ専用アイテムを使ったことがないのであれば、ジャムウ・ハーバルソープがお勧めです。ジャムウ・ハーバルソープであれば、デリケートゾーンのあらゆるトラブルを改善することができます。