におい対策にバッチリ!デリケートゾーン石鹸

においの原因は一体なんなのか

毎日丁寧にしっかり洗っているのに、酷い場合は寝る前にすでににおいがすると悩んでいる女性もいます。その数は決して少なくありません。なぜ洗っているのにイヤなにおいが残ってしまうのでしょうか。その原因は「雑菌」でした。ご存知の通り、デリケートゾーンはとても汚れやすい部位です。そのため、雑菌がそのまま放置されるとにおいが発生するのです。

しかし、なぜお風呂上りでもにおいがするのか気になります。これはすでにデリケートゾーンが肌トラブルを起こしている証拠かもしれません。肌トラブルが起きていれば、膣内からおりものが分泌される量も多くなり、それがにおいの元となります。お風呂から上がってもにおいが気になるという場合はこの可能性があることを覚えておいてください。

使う石鹸にも問題がある

肌トラブルが起きる原因はボディソープにあります。なぜなら普通のボディソープは洗浄力が非常に強いものの、殺菌効果がまったくないからです。そのため、デリケートな部位の健康状態を保つために必要な常在菌が洗い流されて、殺菌されない状態ですから悪い菌がどんどん繁殖してしまう状況が生み出されてしまいます。デリケートゾーンのにおいや肌トラブルが起こるのは汚れが落ちていないからと解釈して、アルカリ性の洗浄力が強いボディソープで洗っている方もまだまだいるようですがこれは逆効果なので今すぐ止めましょう。

アルカリ性の石鹸は自浄作用のある膣内の状態まで悪くしてしまいます。膣内を石鹸で洗っては駄目と言われているのは、この自浄作用の働きも弱めてしまうためです。洗えば洗うほど逆効果で肌トラブルが悪化するわけですから、いますぐ使うのをやめて専用石鹸で毎日のケアを始めてみてください。専用石鹸にもいろんなタイプがあるので、においやかゆみ、黒住など悩みに合わせて含まれている成分を見分けて、自分に合ったタイプの石鹸を使うことをおすすめします。

最終的に病院を頼ることも視野に入れよう

トラブルの状態が軽症なら、先ほどのように専用石鹸で毎日ケアすることで状態がよくなりますが、もともとの状態が酷い場合は毎日のケアだけで治すことは難しいでしょう。婦人科に行くのが恥ずかしいという女性はまだまだ多いようで、日常生活を送ることが困難なほど酷くなってから初めて病院へ行ったという方も珍しくありません。

下着とすれただけでも痛みやかゆみを伴う場合は、日常生活どころか仕事にも支障をきたします。こうなると自然に治すことは難しいので早めに婦人科で診察を受けてください。特に初診の方は女性の先生がいるところを探すと心配や不安も軽減されることでしょう。今は婦人科健診なども積極的に受ける人が増えてきたので、受診することに大きな抵抗を感じる必要はありません。もしかしたら性病を患っている可能性も捨て切れませんから、一日も早く診察を受けて、必要ならば薬を処方してもらいましょう。